ずきしらずの実が鎮痛剤の代わりに!?痛み緩和の秘密

ずきしらずの実が鎮痛剤の代わりに!?痛み緩和の秘密

ずきしらずの実が鎮痛剤の代わりに!?痛み緩和の秘密

 

ずきしらずの実は頭痛自体を起こりにくくする作用を持っています。
⇒ずきしらずの実の頭痛防止、予防

 

でも、必ず防げるというわけではありません。
ただ、いざ痛みが起こった時に緩和するような工夫もしてるんです。

 

今回はそんな工夫の詳細を解説していきます。

 

オオイタドリで緩和!

そんな痛みを緩和するためにオオイタドリという植物を使っています。

 

 

この植物は漢字で書くと「大痛取り」
まさに痛みを緩和してくれるための植物なんですね。

 

緩和できる理由

このオオイタドリにはなんと天然の鎮痛成分が含まれています。
昔からアイヌの人々はこれを漢方として使ってきたようです。

 

 

関節痛、ひざの痛みなどの痛み緩和剤として今でも使われています。
なのでこれを使えば頭痛の痛みも緩和できるということなんです。

 

どの程度軽くなる?

こればっかりは個人差なので何とも言えない、というのが答えです…
ただ、公式サイトの情報から何となく予想はできます。

 

 

⇒トップページにも書いてあるんですがずきしらずの実の効果を実感した人は90パーセント以上います。
残りの10パーセント弱の人たちは頭痛の変化があまりなかったということですよね。
つまり、90パーセントの人は痛みの変化が実感するほど緩和できた、ということになります。

 

なので、

 

90%の確率で痛みの変化がわかるくらい緩和する

 

という感じでしょうか。
あいまいで申し訳ありませんが試してこれはもらうのが一番早いですね。

 

常に沈痛してくれるメリット

 

頭痛に悩んでる人の中にはすでに鎮痛剤を持ってるという人もいるでしょう。

 

「鎮痛剤持ってるからあまり意味ないな…」

 

とか思ってませんか?

 

ずきしらずの実のメリットはこの痛み緩和が常に効いてるというところにあります。
突発的にくる頭痛にも対応できるんですね。
⇒飲み方、タイミングでも解説してますが飲むタイミングは自由。

 

1回飲むだけで1日中、鎮痛剤が効いてるような状態になります。
今まで痛みが来てから慌てて対処、ということをしてた人にはかなりうれしい緩和方法ですよね!

 

まとめ

 

オオイタドリで痛みを緩和している
多くの人が緩和を実感

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 痛み緩和の秘密 返金保証まとめ 定期コースの違い 購入先はコチラ