ずきしらずの実は鎮痛剤と何が違う?双方の特徴を比較

ずきしらずの実は鎮痛剤と何が違う?双方の特徴を比較

ずきしらずの実は鎮痛剤と何が違う?双方の特徴を比較

ずきしらずの実と鎮痛剤って何が違うの?

安全性、飲むタイミングが主に違います。

 

痛みを緩和する、という点では非常によく似た効果を持っている両者。
違いがよくわからない人のために明確に違う、といえるポイントをまとめてみました。

 

安全性の違い?

これは2つのカテゴリの違いですね。
鎮痛剤は医薬品、薬です。
お医者さんじゃないと取り扱いができなく、薬局でしか販売はしていません。

 

一方ずきしらずの実はサプリです。

 

 

ハーブサプリメントとしっかり書いてありますね。
薬ではないということで体に与える少なくなっているんです。
具体的に言うと依存性や副作用。

 

 

特に鎮痛剤は使えばすぐに痛みが引くので依存してしまう人が多いです。
その中で薬の耐性ができてしまうのが非常に厄介。

 

中でも偏頭痛は血管が拡張し、神経が圧迫されて痛むという頭痛。
この期間は神経が敏感になっていて、髪の毛に触っても痛い、という人も多くいます。
鎮痛剤を飲むとこの敏感さがさらに大きくなってしまうんです。

 

なので、

 

同じ量の鎮痛剤では痛みが止まらない⇒もっと飲まないと…⇒その量でも効かなくなる

 

という薬物みたいな状態になってしまいます。
こんな薬漬けにもずきしらずの実はなりにくいということですね。

 

タイミングの違い?

ずきしらずの実は飲んでからすぐに痛みが治まるわけではありません。

 

 

早い人でも1週間、平均だと1か月は待つ必要があると考えています。
⇒痛みが治まるまでの期間

 

しかし、鎮痛剤は使った直後から痛みが治まります。
即効性がかなり強いのが特徴ですね。

 

ただ、痛みが起こった後にしか使えないというのも鎮痛剤の特徴。
後手後手になるので頭痛自体は感じてしまいます。
一方ずきしらずの実は即効性はないですが頭痛自体を起こりにくくする、防止するという効果も持っています。

 

なので時間はかかりますが治療に似た感じになるということですね。

 

比較まとめ

 

依存性などの安全性が違う
痛みが治まるタイミングが違う

 

細かく話せば成分だったり値段だったりもあるんですが、今回は特徴的なポイントだけ抜き出してみました。
私自身は鎮痛剤の使用をやめたくてずきしらずの実を購入したというのもあるので、鎮痛剤に厳しい文章になっちゃいますね汗

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 痛み緩和の秘密 返金保証まとめ 定期コースの違い 購入先はコチラ